a:2120 t:2 y:2

何故?サービスを?

なぜ?このサービスを・・・?
そう思う方も多いかもしれません。

しかし、たった一度の出費で
簡単にホームページがご自分で制作出来るノウハウが、手に入るのです。

今までのホームページの制作会社は、
ホームページの存在、プログラムを追求してきたのです。

よって、ビジネスの基本を無視したサービスだったのです。

要するに、「ホームページを持ちたい!」という
大手社長さんのための欲求に答えようと進んでいったのです。

しかも、相手先が大手社長の欲求なので、
契約金額が良いのも追い風となっていったのです。

何が?欲しいのか?

一体、本当はあなたは何が?欲しいのですか?

ビジネスにおいては、基本の考え方が存在します。

集客 × 成約率 = 売上げ

集客 × 成約率 = 売上げ

この集客の数量と、成約する確率が高いと、格段にしかも簡単に売上げがアップします。

ですが、ホームページ制作会社はこの数字は全く意識しませんし、
この「成約率」の技法を知っておりません。

それなのに、価値以上の金額請求がされているなぁ・・・

私は、そう感じております。

ビジネスにおいて、もっと大切な何かがあるのですが、
そこを理解していないホームページが氾濫しているのです。

なぜ?こうなったのか?

「ホームページを持ちたい!」という
大手社長のための欲求に答えてきた世の中の風潮が
プログラムに特化したホームページ制作となってしまいました。

なぜ?こうなったのか?

それは簡単です。

ホームページを作れる方法を知っているか?
知っていないか?

たった、それだけの差で
「売り手」と「買い手」が別れてしまう構造となってしまったからなのです。

これでは、いくらSEO対策(自然検索)で集客出来ますよ!

と、謳われてももう一つの肝心な「成約率」が限りなくゼロに近ければ、

両者の掛け算が成り立たないのです。

よって、あなたはホームページを持っただけでは、
あなたの本当に欲しいものは手に入らないのです。

振り返ると・・・

振り返りますと・・・
Windows95が発売されて早20年が経とうとしております。

当時発売されたWindows95、
プログラミング(コンプーター上の英語の羅列)を知っている人でも、
とっても使いかってが悪く、

インターネットの電話回線の料金もかなり高かったので、
爆発的な普及はありませんでした。

それが20年経ち、簡単な操作性それと通信費の低下により
私たちは一人で、パソコンとスマートフォンの2台以上を所有しているのです。

しかも、購買意欲旺盛な20歳~45歳の人の殆どが所有しております。

普段の生活の日常を見ますと、
10代、20代は通学、通勤の電車の中で
スマートフォン片手にピコピコと操っているのです。

人類とは、便利な世の中へと進んでいくのですから、
今後このスピードはドンドン加速していくのでしょう。

20年前の産業革命が・・・

20年前の産業革命がもたらしたものは、
人々の行動をする側の変化をもたらしました。

行動(モノを購入)をする側

今や、「モノを買う」や「お出かけ」という行動を起こす前に、
ネットで下調べしているのが当然の時代。

人々の多くが、近い未来に行動すべき情報を
既に入手して生活しているのです。

確かに、「モノを買う」や「お出かけ」という行動する側では

ホームページで下調べが出来るという
良い点が、数多くあるもの事実。

実際、あなたもそうではありませんか?

もし?大切な人と共に過ごす休日が迫っている幸せな時のことを、
イメージしてください。

共に過ごす相手好みを想像して、
当日のコース、メニューを決めるのでは無いのでしょうか?

その時あなたは、
「素敵な景色を一緒にみたいな!」
「素敵なアトラクションも見に行きたいな!」
「好みによっては素敵な癒し空間でゆっくりするのもいいよな!」

その後のお食事とかは、その相手好みの

「こんな料理がいいかもなぁ~・・・
 金額はこのくらいで・・・
 このくらいのレベルの料理で・・・
 そこの空間は、こんな感じで・・・」

その際に使うツール、手段としてはなんなのでしょう・・・

テレビやラジオのCM・・・?
先週末入った広告チラシ・・・?

おそらく今の人たちは、インターネットで

あなたのホームページの商品、サービスを検索するのではないのでしょうか?

20年前には一部の人しか、使えなかったホームページ。

時代は少しずつ進み、
今はあって当然のあなたのホームページなのです。

これが、ゆっくりとした時代の流れなのです。

反対に、モノを提供する側は・・・

反対にモノを提供する側の変化はどうなのでしょか?

10年以上の前の時代の集客の基本線の主流は、
マスコミ(テレビ、ラジオ)、広告チラシ、足で稼ぐ営業の
集客が主流でした。

この集客も大切なのは解りますが・・・

実は、この方法は現代社会において
非常にお値段が高くついてしまい非効率となってしまったのです。

モノがない時代で世論が同じ方向を見ている時代には、
とっても効率的な手法だったのが、

テレビCM、広告チラシ、人海戦術の人手のいる営業スタッフ陣営。

これらは、すべて売上げをあげるための費用は高額だったのですが、
モノが足りなく行き渡っていない時代には、
ドンピシャの手法だったのです。

商品販売、サービスの提供者側は、

「 旧態の広告を縮小 + インターネットでの情報発信 」が

益々必要となってきております。

ビックチャンスは・・・?

特にこの点では、零細企業こそビックチャンスなのです。

ホームページさえ、うまくコストを抑えて自分でドンドンとお客さんの立場になって

ページを更新していきますと、その波長にあったお客さんがやってくるのです。

私のこのホームページもそうなのです。

ご自分で目的を持ってホームページを作りたい。

自分の一番の得意なところを気に入ってくれるお客さんと出会えればいい。

その技術、サービスを求めているのだから、
その波長をホームページでグイグイ表現すれば良いだけのことなのです。

このゆっくりですが、時代の流れている方向をもう一度見定めて、
行動する側と提供する側のギャップを
ホームページで1ページずつ制作し埋めるだけで
あなたが、選ばれる立場となるのです。

ですので、私はご自分で簡単にホームページを制作出来る
仕組みをお勧めしているのです。

「ホームページを見るのが当然!」
と思い育ってきた世代が
これから益々、購買欲旺盛な年代に差し掛かって来ます。

それは、「お食事」とか「お出かけ」に限った事ではありません。

「車」であったり、「家」であったりするのです。

ホームページを経由して集客をする手段もひとつの方法ですし、
一度、骨組みがしっかりしているホームページを立ち上げてしまえば、
そんなに手が掛かりませんし、
足りないところは、1ページずつご自分で制作していけば良いのです。

同業他社が、こういう動き方に気が付き、行動する前に

あなたが先に動き出したほうが、
あなたのビジネスの優位性を築けるのも当然のことなのです。